Home > 会社概要

会社概要

会社名 日清紡精機広島株式会社
所在地 広島県東広島市高屋台1丁目3-30 東広島中核工業団地
設立 2007年11月
資本金 3億2千万円(日清紡メカトロニクス株式会社100%出資)
代表者 代表取締役社長 大川 等
従業員数 60名
事業内容 自動車用ブレーキ部品・装置、トランスミッション部品・装置、アクチュエーション部品・装置、
精密加工部品全般、精密機械・機器・装置等の開発、設計、製造、販売及びメンテナンス
再生可能エネルギーによる発電及び電気の販売
取引銀行 みずほ銀行・広島銀行・三菱UFJ銀行

企業理念・基本方針

日清紡グループの企業理念

・ 企業公器  企業は社会の公器であるとの考えのもと、地球環境問題へのソリューションの提供を通じて、持続可能な社会の実現を目指します。
・ 至誠一貫  世界のさまざまな文化や慣習、さらには生物の多様性等を尊重し、企業人としての誇りをもって公正・誠実な事業活動を行います。
・ 未来共創  変化への対応とたゆまぬ挑戦を続け、ステークホルダーの皆さまとともに豊かな未来を創造します。
日清紡精機広島株式会社の基本方針
1. 顧客満足第一優先の実践
2. 製品の品質・信頼性の徹底追求
3. 全員参加による品質保証活動
4. 新規事業への参入
5. 個人の能力開発及び事業への参画と意識の高揚

日清紡精機広島株式会社環境方針

環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、下記の項目に基づき活動する。
1. 汚染の予防 ; 自動車部品製造及び関連事業活動において、エネルギー、水、原材料及び油脂等の使用量を低減し、資源を節約するとともに、省エネ・廃棄物の削減及び汚染の防止に努める。
2. 環境負荷の軽減 ; 環境改善に役立つ製品の開発・製造・販売を積極的に推進し、環境負荷の軽減に貢献する。
3. 法的及びその他の要求事項の順守 ; 法律、規制、及び当社が同意する要求事項を順守する。
4. 継続的改善 ; 環境目的・目標を定め、その達成に努めると共に、環境方針の見直し、環境パフォーマンスの継続的改善を図る。
5. 環境保全意識の高揚 ; 教育・啓蒙活動を推進し、当社で働く全ての人々及び著しい環境側面に関連する供給者に環境方針の周知徹底を図る。

環境マネジメントシステム適用範囲開示(こちらをクリック下さい)

 

主要取引先

マツダ いすゞ自動車 日清紡ブレーキ
ボッシュ フォードモーター 日本ブレーキ工業
HYUNDAI-MOBIS コンチネンタル・オートモーティブ Continental Automotive -India
三菱重工エンジン&ターボチャージャー その他

沿革

1952年 4月 広島県広島市に辰栄工業㈱設立
1954年 3月 マツダ㈱向けブレーキ部品(ブレーキマスターシリンダー、ホイールシリンダー)製造開始
1975年 11月 マツダ㈱向け公害防止部品(各種バルブ類)製造開始
1989年 2月 広島県東広島市中核工業団地に移転
1989年 5月 ㈱シンテック設立(日清紡と辰栄工業㈱との合併によるキャリパー製造会社)
2000年 3月 ISO9001、QS9000 認証取得
2001年 3月 コンチネンタル・テーベス㈱による辰栄工業㈱買収
2002年 11月 ISO14001 認証取得
2003年 8月 コンチネンタル・テーベス㈱広島工場となる
2006年 4月 ISO/TS16949 認証取得
2006年 10月 FORD Q1 認証取得
2007年 11月 日清紡精機広島㈱を設立し、旧辰栄製品を継承
2016年 9月 ISO9001;2015 認証取得
 2017年 9月  ISO14001;2015 認証取得

アクセス

アクセスマップ
会社名 日清紡精機広島株式会社
住所 広島県東広島市高屋台1丁目3-30 東広島中核工業団地
営業時間 8:10~17:10
FAX 082-491-2333
最寄の交通機関 《JR》 山陽本線白市駅下車タクシーにて約5分 山陽新幹線東広島駅よりタクシーにて約20分 山陽新幹線広島駅より山陽本線上り岡山方面行き乗換、白市駅下車(広島駅より約1時間) 《空路》 広島空港よりタクシーにて約15分 《車》 山陽自動車道西条インターより約15分 山陽自動車道高屋インターより約10分 山陽自動車道河内インターより約15分

Home > 会社概要

ブレーキパーツ
エンジンパーツ
その他パーツ
  • リンク

    • 日清紡ホールディングス株式会社
    • 日清紡メカトロニクス株式会社
  • Return to page top